金持ちYouTuberピーターBaNは何者なのか?投資家?起業家?

金持ちYouTuber、ピーターBaNの登録者急増中

2017年の11月からYouTubeでの活動を開始した新人YouTuberのピーターBaN氏。
現時点で既に2万人以上の登録者がいます。
企画はお金を使ったものが多く、YouTube単体では明らかに赤字だと思います。笑

私が彼の動画を最初に見たのがこれです。
渋谷の街ゆく人に手づかみで取った分だけお金をタダであげるというぶっ飛んだ企画です。

YouTuberはほとんどが学生などの若年層が多くこういったお金を使った企画を行えるのはもともと資本力がある人ということになります。
この分野で最初に成功したのがヒカルです。
彼は情報商材系のビジネスで稼いだお金をYouTubeチャンネルに投資し大成功を収めました。
ヒカルの成功後、なぜか情報商材系からYouTubeに来る人が増えましたね。笑
最近だと不動産系の、みねしましゃちょーも参入し順調に登録者を伸ばしています。

ちなみに情報商材系ということが周知するとかなりアンチが増えます。笑

ピーターBaNは何者なのか

ピーターBaNはファンからの「何者なんですか?」という質問に「投資家!」と答えています。

Twitter上の噂だと彼の本業はセミナーのプロデューサーではないかと言われています。
そちらの本業の方でも顔は出していないようです。
最近YouTubeチャンネルの編集者を募集していたので可能性はあると思います。
これが本当だとすれば彼は本業のセミナーのプロデュース業がかなり忙しいはずなのでYouTube活動はその合間を縫って行っていることになります。
社会貢献活動も行っておりこのあたりはYouTubeでの発言と一致しています。

真偽の程はわかりませんがいつの日か本人が動画で言及するかもしれませんね。

なぜ彼らのYouTubeが上手くいくのか

先ほども書きましたが現在のYouTuberはほとんどが学生をはじめとした若年層で、企画も似通っています。
そこにビジネスを理解した資本力のある人間が入ってきたらそれは上手くいきますよね。
それも大企業ではなく個人で行うことが出来る情報系ビジネスはYouTubeと相性が良いのだと思います。
YouTubeでは集客やブランディング、企画力の能力が必要ですが、情報系ビジネスの成功者であれば熟知・習得していることでしょう。
駆け出しのYouTuberで登録者数を増やしたい人は彼らの戦略・戦術から学べることは多いと思います。

これまでのYouTubeの視聴者はほとんど小学生でした。
大人がヒカキンやはじめしゃちょーを見ても正直面白くないですよね。
しかし最近になって状況が変わっているのは、20代30代のYouTubeユーザー(視聴者)が増えてきているということです。
ここの層は子供対象のチャンネルよりも広告単価はかなり高いでしょう。

ヒカキンよりもヒカルのほうが広告単価は高いと考えています。

今後大人向けのコンテンツが増えていくとさらにYouTubeが盛り上がっていくでしょう。
そしてピーターBaN氏の今後の活躍に期待ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする