眼精疲労緩和のためにナボリンSを飲んだら頭痛になった件

長時間のスマホ、PC使用で眼精疲労に

もともと私は眼精疲労になりやすい体質なのですが、ここ最近はPC、スマホを長時間見ることが多く目の奥に強い痛みを感じていました。
1時間に1回ほど休憩していればいつもは大丈夫なのですが今回はなかなか痛みが引きませんでした。

そこで前回の一時帰国の時に購入していたナボリンSを試してみることにしました。

ナボリンS服用後に激しい頭痛

ナボリンSを服用した後に眼精疲労のときとは違う頭痛になりました。
たまたまだと思っていたのですがその後何度服用しても毎回激しい頭痛になりました。

ナボリンSの副作用を調べたところ「発疹、かゆみ、吐き気・嘔吐、口内炎、食欲不振、胃部不快感、めまい」などの記載はエーザイのページにて確認できましたが頭痛は書いてありませんでした。

この頭痛の後、確かに眼精疲労は改善されるのですが、毎回頭痛になってしまうのは辛いので服用を辞めることにしました。
私の体質には合わない稀なケースだと思うので、ナボリンSを服用しても特に副作用が無い方はそのまま使用して大丈夫だと思います。

眼精疲労の改善には点眼

私には眼精疲労の改善に服用薬が合いませんでした。
しかし以前より使用していた点眼は一時的な改善には効果があるので今後も使用していきたいと思います。
点眼薬もいろいろと市販のものを試してきたのですが一番良かったのはサンテメディカル12です。
点眼薬としては少し高めですが眼精疲労の改善に特化した成分が配合されていて、安い目薬よりもわかりやすく効果があります。
サンテメディカル12は眼精疲労の方にはかなりおすすめの点眼薬です。
仕事で長時間PCやスマホを使用して目が疲れている方は是非試してみて下さい。

眼精疲労の根本的な解決をしたい場合は、まずは眼科に行き相談する必要があります。
最悪の場合手術をしなければ治らない場合もあります。
眼瞼下垂の場合は薬での治療では限界があり目をパッチリとさせる手術が必要になるようです。
私も今後更に悪化してきたら医師に相談する必要がありそうです。泣