OPPOの5G対応スマホ OPPO Reno 3 Proのスペックを紹介

2020年は5G元年。OPPO系が世界を席巻

2020年になりいよいよスマホメーカー各社が5G対応機種の発表・発売を開始しました。

iPhoneはおそらく例年通り9月発売になると思いますが、
AndroidだとGalaxy、Huawei、OPPOなどの主要メーカーがすでに5G対応機種の発表をしました。

私はこれまでHuaweiの機種を使ってきましたが今後Googleが使えなくなったりすると面倒なのでOPPO系のスマホに乗り換えることにしました。
(Huawei Mate 30はGoogle系アプリ非搭載ということです。)

ちなみにOPPOの子会社に海外向けブランドのOneplusRealmeもあり今後注目の企業です。
Oneplusは欧米向けでハイエンド機種のみを扱っています。

実はAntutuなどのベンチマークランキングの上位はOPPO系のスマホが独占しています。

母体のOPPOはアジアで展開していて高コスパ機種が多くあります。
日本でもOPPO Reno aやOPPO Reno 10x Zoomなどが発売されていますね。

created by Rinker
OPPO Japan
¥36,300 (2020/03/28 16:09:03時点 Amazon調べ-詳細)
送料無料 日本正規品 メーカー保証 OPPO Reno 10x Zoom 6.65 インチ Android Sim free スマホ本体新品 大画面 4800万画素 指紋認証 ゲーム 10倍ズーム 超広角カメラ SIMフリー スマホ アンドロイド シムフリー スマートフォン ゲーミング スマートホン 本体 新品

最新機種OPPO Reno 3 Proのスペック

今回発売されたのは通常版のOPPO Reno 3と上位版のOPPO Reno 3 Proです。

ここではOPPO Reno 3 Proのスペックを紹介します。

OPPO Reno 3 Proのスペック表

スクリーン6.5インチ 90Hz 曲面ディスプレイ
解像度2,400×1,080/FHD+/画面比率20:9
メモリ・ストレージ8GB + 128GB / 12GB +256GB
CPUQualcomm Snapdragon™765G
GPUAdreno 620
メインカメラ48MP+13MP+8MP+2MP
AIカメラ+広角+5倍光学ハイブリットズーム+背景ボケ撮影
手ぶれ補正:対応
フロントカメラ32MP
充電VOOCフラッシュチャージ4.0
30W
ワイヤレス充電非対応
バッテリー容量3935mAh
NFCマルチファンクションNFC対応
動画性能2段階手ブレ補正
重さ171g

Antutuスコアは32万超えということで処理速度は十分ですね。

ディスプレイ表示が90Hzでとてもなめらかなのでスマホゲーム用に最適ですね。

フロントカメラがパンチホール型なのはちょっと残念ですね。
Reno2のようにカメラが飛び出す仕様が良かったのですが。。

OPPO Reno 3 Proは5G対応ということで検討していたのですが、
パンチホールがやはり気になるのでOneplus 8シリーズやRealmeの新機種を待とうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする