正規店以外でのハードウェアウォレットの購入は危険(Ledger Nano S)

正規店以外のハードウェアウォレットから資産盗難

海外のアマゾンや正規店以外でハードウェアウォレットを購入した人がそこに仕込まれたウィルスに感染して資産が盗難される件が相次いでいるようです。
コインチェックのNEM盗難事件以降ハードウェアウォレットに資産を移した人も多いと思います。
ハードウェアウォレットは現在アマゾン、楽天などで購入ができます。
メルカリなどのフリマサービスでは既にハードウェアウォレットの出品が禁止されています。

アマゾンでは一つの商品に対し誰でも出品ができるため単純に安い価格の出品者から購入するのはとても危険です。
正規品を装ってウィルスを仕込んだ商品を出している可能性もあります。

Ledger Nano Sの日本正規代理店から購入する方法

ハードウェアウォレットで最も有名なのはフランスのLedger社のLedger Nano S
というハードウェアウォレットです。
ビットコインやイーサリアム、リップルをはじめ数多くの仮想通貨に対応しています。

こちらの商品の日本の正規販売代理店は株式会社EARTH SHIPのみです。
Ledger社のホームページを確認しても日本の販売業者はEARTH SHIP社のみでした。

この会社以外から購入する場合はリスクを承知の上で購入することになります。

一番間違いないのは株式会社EARTH SHIPの販売ページから購入する方法です。
こちらからEARTH SHIP社のLedger Nano Sを購入できます。