【2019年版】Audibleのコイン制を利用者がレビュー【改悪?】

Audibleの月額サービスを詳細レビュー

この記事ではAudibleの月額サービスを実際に利用してみてわかったことを紹介しています。

Audibleはもともと聴き放題サービスでしたが、
コイン制に移行となり当初は改悪という声もありました。

私はAudibleの月額サービスの利用者ですが、
コイン制にはメリット・デメリットがあることがわかりました。

これからAudibleの利用を検討している方には役立つ内容だと思います。

Audibleの月額会員ができること

まずAudibleの有料会員になってできることを整理しておきます。

月額1500円の有料会員は以下のことが可能になります。

  • 毎月1コイン貰えて好きな書籍を1冊購入可能
  • 書籍を非会員価格の30%OFFで購入可能
  • Audible Stationのコンテンツを追加料金無しで利用可能
  • タイトルの返品・交換可能

毎月1コイン貰えて好きな書籍を1冊購入可能

毎月会員資格を更新すると1コインが付与されます。

このコインでAudible内のあらゆる書籍の中から自由に1冊購入することができます。

大半の書籍は1000円〜3000円ほどですが、中にはセットでお得な商品もあります。

このようなセット商品も1コインで購入できます。

書籍を非会員価格の30%OFFで購入可能

Audibleの書籍は有料会員でなくても購入できますが、
有料会員は通常価格より30%OFFで購入可能です。

Audible Stationのコンテンツを追加料金無しで利用可能

Audible Stationのビジネス、ニュース、お笑い、落語などのコンテンツを追加料金無しで聴き放題になります。

具体的には以下のようなコンテンツがあります。

  • NewsPicks Weekly Ochiai、NewsPicksアカデミア
  • よしもと芸人 声革命
  • 松本人志 放送局チャンネル
  • World Newsチャンネル
  • Japan News チャンネル
  • 20分で聴けるビジネス書チャンネル
  • ホリエモンチャンネル For Audible

この他にも様々な専門チャンネルがあります。

タイトルの返品・交換可能

有料会員は購入後365日以内であれば返品が可能です。

コインで購入した場合はコインが返ってきて新たな書籍を購入できます。

返品が可能なのは「タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった」などの理由です。

短期間に何度も返品を繰り返すことはできません。

Audible有料会員のメリット・デメリット

高額商品も1コインで買える

Audibleの有料会員は月額1500円ですが、
1万円近いような高額商品も1コインで購入できます。

逆を言えば1コインで1000円などの安い書籍を購入するのはもったいないです。

コインは高額商品の購入に使って、安い書籍は30%OFFで普通に買うのが良いと思います。

アプリが使いやすい

実際のアプリの画面はこのようになっています。

倍速設定では0.5×〜3×に設定できます。
時短で聞きたい人にはとても便利な機能ですね。

私は寝る前にもAudibleを聞くことがあるのですが、
スリープタイマー機能があって30分程に設定しておくとちょうどいい感じです。

また気になったところはブックマークで保存することができます。
後からブックマークで確認できます。

買い切り型で何度でも聴ける

Audibleは聴き放題サービスからコイン制に移行したことで買い切り型となりました。

聴き放題だと会員を解約した後はもちろん聴けませんが、
コイン制では購入したものは解約後も楽しむことができます

コイン制への移行は改悪という人もいますが、
私コイン制のほうが良いと思っています。

私は何度も聞いて理解を深めたい派なので買い切り型になったのは本当に良かったです。
欲しいコンテンツがなくなったら月額会員をやめればいいだけなので。

ラインナップが物足りない

デメリットとしてはまだまだラインナップが少ないことですね。

毎月新しいコンテンツが増えているのでこれは今後に期待ですね。

ラインナップの面が改善されれば本当に完璧なサービスだと思います。

1ヶ月無料体験で1コインゲット

実はAudibleの初月無料体験で1コイン貰うことができます。

このコインで好きな書籍を一冊購入できます。

無料で一冊購入できるので無料体験だけでもはじめてみるのをおすすめします。