オーディオブックのAudibleとaudiobook.jp(旧FeBe)を比較【料金,タイトル数,特徴】

オーディオブックサービスAudibleとaudiobook.jp

現在オーディオブックはAmazonの Audible (オーディブル) audiobook.jp
の2つがメジャーなサービスとなっています。
audiobook.jpはFeBeから名称変更しています。

Amazonはここ数年サブスクリプション型のサービスを増やしています。
音楽聴き放題のAmazon Music Unlimitedや書籍読み放題のKindle Unlimitedがあります。

今回紹介するのはオーディオブック聴き放題の Audible (オーディブル) です。
オーディオブックサービスを昔から提供していたaudiobook.jp(旧FeBe)と比較していきます。

Audible VS audiobook.jp

  Audible (オーディブル) audiobook.jp
聴き放題月額1500円750円
タイトル数10000作品10000作品(聴き放題)
23000作品以上(全体)
個別作品購入購入不可作品ごとに購入可能

まず聴き放題の月額料金はaudiobook.jpの方が安く、Audibleの半額で聴き放題サービスを利用できます。
タイトル数は聴き放題に関してはどちらも同じく約10000冊となっています。
もちろん自分が読みたいジャンルをより多く扱っている方が良いわけですがこれは実際にサービスのページでどのようなコンテンツがあるのか確認してみることをおすすめです。

例えば英語学習のジャンルで言えば、
Audibleはアマゾンのサービスということもあり洋書や英字新聞のようなコンテンツもあります。
audiobook.jpの方はNHK語学の教材を豊富に扱っています。

2つのサービスで大きく違うのは個別作品購入についてです。
Audibleは聴き放題サービスのみで個別作品の購入はできません。
解約後は利用することができません。
audiobook.jpは聴き放題サービスと個別作品購入があり自分のスタイルによって選ぶことができます。
例えば何度も聴き直したい場合は購入した方がお得になります。
また個別作品購入の方がタイトル数が多く人気作品も殆どは購入することになります。

今のところaudiobook.jp(旧FeBe)の圧勝!?

現在のところトータルで見るとaudiobook.jp
の勝ちかなと個人的には思っています。
Audible (オーディブル) は洋書をがっつり聞きたい人にはおすすめですが、まだ日本語の良いコンテツが少ない印象です。

audiobook.jpは人気作品をどんどん追加しているので、
個人的にはここで一つ一つ購入していくのがベストだと思っています。

audiobook.jpの作品はここで確認できます。