Sony α6600・α6100におすすめのレンズ紹介【APS-C,eマウント】

Sony α6600・α6100について

Sony α6600・α6100は2019年8月発表のAPS-Cサイズのミラーレスカメラです。

α6400が出た時点でα6600もまもなく発売されると考えていましたがついにその時が来ました。

α6600は単純にα6400にボディ内手振れ補正が付く程度かと思っていましたが、
Zバッテリー搭載になるなどのサプライズはありました。

α6600・α6400・α6100は自撮り方向のチルト液晶が採用されているので
特にYouTuberの方には待望の機種なのではないでしょうか。笑

新レンズも同時に発表

Sony α6600・α6100の発表と同時に2本の新レンズが発表されました。

E 16-55mm F2.8 G / E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

特にE 16-55mm F2.8 Gは誰もが待ち望んでいたレンズではないでしょうか。
F2.8通しの標準ズームレンズでもちろんGの称号付き。
画質には相当期待できそうです。

ソニーはこれまでフルサイズのレンズに力を入れているように見えましたが、
今後はAPS-Cืの高性能レンズも出てくるのでないかと期待できますね。

Sony α6600・α6100におすすめのレンズ

私もEマウントユーザーですが、レンズを選んでいく中でいろいろ試してきたのでその中からおすすめのものを紹介していきたいと思います。

ここからはレンズタイプごとにおすすめのレンズを紹介していきます。
α6600・α6100に着用できるAPS-C、eマウントのレンズを紹介しています。

標準ズームレンズ (様々な撮影シーンに対応)

SONY E PZ 18-105mm F4 G OSS


SONY E PZ 18-105mm F4 G OSS※Eマウント用レンズ(APS-Cサイズ用) SELP18105G

こちらはレンズキットのレンズ(SEL18135)と比較されることが多いですが、
F4通しというのが大きな違いになります。

Gの称号も付いており使い勝手もいいので最初にこのレンズを購入する人は多いです。

光学式手ブレ補正機構で手ブレ軽減。
静かでなめらかなフォーカスが可能なので動画撮影にも適しています。

ズームレバーがレンズ横に付いていてビデオカメラのようなズームも可能です。

Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS


ソニー SONY 標準ズームレンズ Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL1670Z

ツァイスの高性能標準ズームレンズです。

値段は高めですが、キットレンズと比較すると圧倒的に差がわかるほどの解像感があります。

重さ308gで携帯性が高いのも良いですね。

広角側16mmでVlog撮影にももってこいですね。

気軽にどこにでも持って行けて更に画質も良いので
予算に余裕がある人にはとてもおすすめのレンズです。

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM


SIGMA ズームレンズ Contemporary 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ソニー用 APS-C専用

SIGMAの高コスパレンズと言えばこれ。
中古だと1万円代で購入できます。
F2.8で広角で明るく撮影ができます。

また、マクロレンズでもあるので最短撮影距離22cm、最大倍率1:2.8 のマクロ並みの撮影が可能です。

この一本で多彩なシーンに対応していますね。

ただしシグマのレンズなのでSIGMAマウントコンバーター MC-11が必要になります。

単焦点レンズ (ボケ感、明るい)

SONY E 35mm F1.8 OSS


ソニー SONY 単焦点レンズ E 35mm F1.8 OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用

単焦点レンズで一番のオススメはSony E 35mm F1.8 OSSです。
風景撮影やポートレート撮影でボケ感のある美しい画が撮れます。

光学式手ブレ補正機能内蔵で、オートフォーカスも静音なので動画撮影にも使えます。

とてもコンパクトなレンズで旅行でも大活躍します。

α6000シリーズを購入した人は最初にこのレンズを購入する人は多いでしょう。

僕もこのレンズを持っていますが、とにかく綺麗なボケ感のある写真が取れます。
動画でも映画風の味のある撮影ができてとても満足しています。

明るいレンズで暗所にも強いです。

Sony Sonnar T 24mm F1.8 ZA


ソニー SONY 単焦点レンズ Sonnar T* 24mm F1.8 ZA ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL24F18Z

こちらは24mmということで寄って撮影ができます。
価格は少し高めですがよりクオリティの高い撮影が可能になります。

予算がある方はこちらのレンズもおすすめです。

SIGMA Contemporary 30mm F1.4 DC DN


SIGMA 単焦点大口径標準レンズ Contemporary 30mm F1.4 DC DN ソニーEマウント用 ミラーレス(APS-C)専用

ソニーEマウントで換算約45mm相当の開放値F1.4のレンズとして使用可能。
コンパクトながら大口径・高画質を実現したレンズです。

手ぶれ補正がないのが弱点ですが、
その点が特に気にならない方にはおすすめ。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN


SIGMA 単焦点広角レンズ 16mm F1.4 DC DN | Contemporary C017 SONY-E用 ミラーレス(APS-Cサイズ)専用

SIGMAの単焦点広角レンズ。
ソニー製のレンズでは代替品がない画角・明るさのレンズです。

こちらも手振れ補正はありませんが高画質かつ安価でコスパの良いレンズです。

このレンズは私も持っていますがオートフォーカスもしっかり効いて高画質に撮影できるのでとても気に入っています。

望遠レンズ

SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS


SONY 望遠レンズ E 55-210mm F4.5-6.3 OSS APS-Cフォーマット専用

中望遠82.5mmから望遠315mm相当までの撮影領域をカバーするコンパクトな望遠レンズです。
運動会や野鳥撮影などにも適しています。

望遠レンズですがコンパクトな設計で持ち運びにも便利。

Sony E18-200mm F3.5-6.3 OSS


ソニー SONY 高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL18200

35mm判換算で、広角27mmから望遠300mm相当、
広角から望遠までカバーするレンズならSEL18200がおすすめです。

外出先でいちいちレンズ交換する手間が省けますね。

ただし530gと結構重いのであくまでも望遠メインでの使用となります。

広角ズームレンズ

SONY E 10-18mm F4 OSS


SONY 広角ズームレンズ E 10-18mm F4 OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL1018
超広角でダイナミックな撮影が可能なレンズです。
超広角領域の15mmから広角27mm相当までをカバーするEマウント専用の超広角ズームレンズ。

大きな建造物などの撮影にも適しています。

27mm相当までカバーしているのでスナップ撮影でも活躍。

また自撮りが多いYouTuberには最適なレンズだと思います。

フルサイズ対応のレンズについて

今後α7シリーズなどのフルサイズカメラも購入予定の方は最初からフルサイズ対応のレンズの購入を検討している方もいるかと思います。

フルサイズのレンズは高額でサイズも大きくなります。
またAPS-Cで使用するときは焦点距離が異なるので、
換算してどのくらいになるのか考えてから購入する必要があります。

基本的に広角側が足りないと感じるものが多いでしょう。

APS-CにはAPS-C用のレンズを使用するのがベストというのが僕の考えです。

せっかくコンパクトなボディなのにレンズが大きすぎて持ち出すのが億劫になってしまいます。