LUMIX S1の小型版が年内に発売されそう!【フルサイズミラーレスLUMIX S5】

*追記
9月2日にLUMIX DC-S5が正式に発表されました!
こちらの記事で予想したいた通り小型化・軽量化されたモデルでした。
値段はボディ25万円でしたがいきなりキャッシュバックキャンペーンもあるので結構求めやすい値段だと思います。

LUMIX DC-S5-K ボディ
LUMIX DC-S5K-K レンズキット

LUMIXの新型ミラーレスの情報を発見

日本でも発表されたLUMIX G100について昨日の記事で紹介しましたが、
そのカメラと同時に発売になるグリップについ調べていたところ偶然凄いものを見てしまいました。笑

シューティンググリップのマニュアルなのですが、どうやらパナの人が間違えて未発表情報を含んだドキュメントを一般公開してしまったようです。
そのシューティンググリップの対応機種に未発表のLUMIX Sシリーズの型番がありました。

はっきりと「DC-S5」との記載。笑

予想するにS1の小型版ミラーレスだと思われます。

ちなみに海外の噂サイトにもこの型番の情報は一切なかったです。

LUMIX Sシリーズの小型版を待ち望んでいた人は多いと思います。

私としてはGH6を待っていたのですが、Sシリーズの小型版が出るとなると話が変わります。
ちなみにGH6だけでなくGシリーズの新しい型番はありませんでした。。

追記
この記事を公開した数時間後に例のドキュメントは見れなくなりました。
今考えるとパナソニックのセルフリークだったのかなとも思います。

なぜ小型版とわかったか?

この新機種は新たに発売されるシューティンググリップに対応しています。

このシューティンググリップの積載重量が最大1.1kgなのでボディとレンズでこの重量に収まる必要があります。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,680 (2020/10/27 03:53:25時点 Amazon調べ-詳細)

キットレンズについて

更に深ぼると最近S 20-60mm f3.5-f5.6のレンズが発表されましたね。
これってまさに小型版にピッタリのキットレンズだと思うのです。

このレンズが350gなのでボディは750g以下になるんじゃないかと思います。
(シューティンググリップの積載重量が最大1.1kg)

Sony α7Ⅲが650gでこれに近い重量になると面白くなりそうです。笑

というかSony α7Ⅲをライバルと想定して開発したのは間違いなさそうです。

まぁまだ確定ではありませんがね。。

でもこれ実現したら最高じゃないですか!

値段や発売時期を予想

上位機種のS1の最安値が約30万円なので、20万円辺りが妥当ですかね。
Sony α7Ⅲのボディ価格が20万円くらいなのでそこにぶつけてくるかもしれないですね。

先程の20-60mmのセットで25万円とかなら結構売れそうですね。

もちろんどのくらいのスペックなのかにもよりますが。

発売時期も年内には出るのではないかと思います。
早ければS1Hと同じ9月発売とかもあり得ると思います。

搭載してほしいスペック

軽量化する分、動画性能はやはり落とされてしまう可能性が高いですよね。

それでも4K60pは頑張ってほしいです。
クロップ無ければなお良し。
HLG収録可能なら嬉しいですね。
10bit内部収録はさすがに厳しいかもしれないですね。
外部モニターなら可能という形になると思われます。

軽量化するために熱対策がS1シリーズに比べると難しくなるので動画撮影時間の制限はありそうです。

バリアングルは搭載される可能性が高いと思います。
最近はYouTuberやVlogger意識しているみたいですしシューティンググリップ対応している点からもほぼ確実だと思います。

S1シリーズとの差別化のためにSDはたぶんシングルスロットになると思います。

個人的に気になるのはこのあたりですかね。

どちらにせよLUMIX Sシリーズの小型版が出ることはほぼ間違いないのでとても嬉しいです!

これまでS1シリーズの重さがネックで購入を諦めた人も多いと思うのでこの新機種は注目ですね。

7 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。