【2021年版】YouTubeの動画撮影におすすめのコンデジ【Vlogカメラ】

canon g7x mark2

コンデジは気軽なYouTube撮影におすすめ

動画撮影ができるカメラとしては、スマホ・コンデジ・ハンディビデオカメラ・デジタル一眼・ミラーレスなど多くの選択肢がありますが、
その中でもこれからYouTubeの動画撮影をしたい方にはコンデジがおすすめです。

スマホやハンディカムだと安っぽい映像になってしまいますし、ミラーレスなどをいきなり扱うのは難しいという人には特にコンデジがおすすめです。

まずはコンデジでカメラの扱いに慣れてからミラーレスなどを買い足していくのが理想だと思います。
最近はコンデジを動画向けに改良したVLOGCAMも出てきました。

コンデジには以下のような特徴があります。

コンデジの特徴

コンパクトで軽く、持ち運びも容易

最近のコンデジはとても軽量でポケットに入るようなサイズになっているので持ち運びがとにかく楽です。
外出先で気軽に撮影ができます。

レンズ一体型で操作が簡単

デジタル一眼やミラーレスと異なり、コンデジはレンズ一体型となっています。
ズームなどの操作も簡単にできます。
レンズ選びで迷うこともありません。

写真も綺麗に撮れる

YouTubeの動画撮影だけでなくInstagram用に綺麗な写真を撮ることもできます。
スマホよりも大きなセンサーが搭載されてるので高画質でボケ感なども出すことができます。

コスパが良い

最近のコンデジは高性能で値段が安いのでとてもコスパが良いです。
逆に10万円を超えるような超高級コンデジを買うくらいならミラーレスを購入すべきだと思います。

YouTubeにおすすめのコンデジ

Sony VLOGCAM ZV-1

現状YouTube用のコンデジで一番オススメなのがSonyのZV-1です。
RX100シリーズを動画向けに改良したもので、まさにYouTuberのために開発されたカメラと言えます。

ZV-1のおすすめポイント
  • 初心者でも扱いやすいシンプルな操作性
  • バリアングル液晶
  • 風音防止のウィンドスクリーン

これまでのコンデジになかった動画目線の機能がたくさん搭載されています。
「背景ぼけ切り換え」や「商品レビュー用設定」などユニークな機能が搭載されておりYouTuberのように自分で撮影を行わなければいけないときにとても便利な機能です。
風音防止のウィンドスクリーンも外でVlog撮影するときに大活躍します。

ZV-1のデメリットとしては広角24mm相当なのですがアクティブ手ブレ補正をオンにすると画角がクロップされてしまうので手持ちで自撮りするときにとても狭くなってしまいます。
Vlogなどで手持ち自撮りメインの方は注意が必要です。

基本スペック
高解像4K動画記録
有効画素数 2100万画素
レンズ F1.8~F2.8 24mm~70mm
大型1.0型CMOSセンサー搭載
重量:294(バッテリーおよびメモリーカード含む)
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥81,000 (2021/10/22 17:08:59時点 Amazon調べ-詳細)

Sony Cyber-shot RX100M7


1型センサー搭載のコンデジの中で最高スペックの機種です。
8倍ズームレンズを搭載していてこのコンパクトさを実現しています。

またRX100シリーズで初めてマイク端子が付きました。

ものすごく良いカメラであるのは間違いないのですが残念な点もあります。
・値段が高すぎる
・内蔵NDフィルターがない

この値段はSony APS-C機のボディと標準ズームレンズが買える値段です。
1型のコンデジにこの金額を出せるかと言ったら微妙な人も多いはず。

内蔵NDフィルターが搭載されていないのも痛いですね。
このあと紹介するRX100M5Aには搭載されています。

基本スペック
高解像4K動画記録
有効画素数 2100万画素
レンズ F2.8~F4.5 24mm~200mm
大型1.0型CMOSセンサー搭載
重量:302g(バッテリーおよびメモリーカード含む)
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥133,452 (2021/10/22 17:08:59時点 Amazon調べ-詳細)

Canon PowerShot G7X Mark III


Canon PowerShot G7X Mark III

2019年8月に発売のCanonのコンデジです。

先進の映像エンジンDIGIC 8を搭載しており
4K30P、フルHD120Pの撮影も可能です。

動画撮影時には手ブレが気になりますが、
5軸手ブレ補正を搭載しており大幅に手ブレを抑制できます。

またこの機種はYouTubeでのリアルタイム配信機能も備えています。
これまでは生配信はスマホやPCのカメラで行っていることが多かったのですが、
高級コンデジの画質で生配信を行うことができるようになります。

マイク端子、内蔵NDフィルター搭載なので動画用途を意識した機種だと思います。

基本スペック
映像エンジン:DIGIC8搭載
有効画素数 2010万画素
F1.8-F2.8 24-100mm 光学4.2倍ズームレンズ搭載
大型1.0型CMOSセンサー搭載
重量:304g(バッテリーおよびメモリーカード含む)

Sony Cyber-shot RX100M5A


Sony Cyber-shot RX100M5A

RX100シリーズの中でF1.8レンズを搭載したものの中で最新の機種です。
RX100M7よりもボケ感を出すことができます。

マイク端子はありませんがRX100M5Aは内蔵NDフィルターを搭載しています。

屋外での撮影が多い人はRX100M7よりRX100M5Aのほうが使い勝手がいいと思います。

基本スペック
高解像4K動画記録
有効画素数 2010万画素
F1.8-F2.8 24-70mm 光学2.9倍ズームレンズ搭載
大型1.0型CMOSセンサー搭載
重量:299g(バッテリーおよびメモリーカード含む)

Canon PowerShot G7X Mark II


Canon PowerShot G7 X MarkII

G7 X Mark IIIの一世代前のモデルですが、
今でも多くのYouTuberに愛用されている名機です。

値段が安く高画質な動画撮影が可能で、
まさにコスパ最強のコンデジです。

私も一台持っていますが、動画・写真どちらでも使い勝手が最高です。
液晶モニターが180度動くので自撮り撮影が多いYouTuberにはとても便利です。

canon g7x mark2

動画撮影には手ぶれ補正が重要ですが、
ジャイロセンサーとCMOSセンサーでブレ量を判断する「デュアルセンシングIS」を採用しているため手持ちの撮影でも安心です。

またG7Xは内蔵NDフィルターを搭載しているので屋外の撮影時に白飛びを抑えることができます。
ミラーレスだと毎回NDフィルターの取り外しが必要ですが、
G7Xは設定からNDをオンにするだけで自動的に3段分のND効果を得られます。

基本スペック
映像エンジン:DIGIC7搭載
有効画素数 2010万画素
F1.8-F2.8 24-100mm 光学4.2倍ズームレンズ搭載
大型1.0型CMOSセンサー搭載
重量:319g(バッテリーおよびメモリーカード含む)

コンデジにおすすめのアイテム

コンデジで動画撮影をするときに便利なアイテムを紹介!

マイク風防

コンデジのマイク部分にこのようなマイクジャマーをつけることで「ボーボー」という風音を防ぐことができます。
ZV-1には標準で付属しています。

ミニ三脚

手持ちでなるべく手ブレを発生させないようにこのようなミニ三脚を使用するのがおすすめです。

created by Rinker
マンフロット
¥2,818 (2021/10/23 09:46:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です