バンコク・マハナコンに地元タイ人が立ち寄らない理由が少し怖かった

外国人観光客に人気のマハナコン

特徴的なデザインの建物のマハナコンはスカイウォークなどもオープンして観光客で賑わっていますが、
地元の(とある事情を知る)タイ人は行きたがらないようです。

確かに私はタイに住んで4年目になりますが一度もタイ人の友人とマハナコンに行こうという話になったことがないです。

たまたまスカイウォークの情報を見かけた私はタイ人の友人を誘ってみたのですが全く乗り気ではないのです。

マハナコンについて聞いてみると結構衝撃的な事実がありました。

実は〇〇の上に建てられていた

地元のタイ人は結構知っているようですが、
実はマハナコンの土地はもともと墓地だったようです。

マハナコンは墓地のオーナーから土地の70%程を買い取り、
墓を所有していた人達に代わりの墓地も用意したということです。

墓地の移転のためにマハナコン側は結構な金額を用意したため土地の買収に成功したようです。

ちなみに現在も残りの30%の墓地はマハナコンの隣りにあるようです。

外国人向けになっている理由がわかった

おそらくここにタイ人が買うようなコンドミニアムを作っても全く売れないことはマハナコンは理解していたのでしょう。

そのためリッツカールトンレジデンスのような外国人投資家向けの物件を入れたのでしょう。

こういった情報はリッツカールトンレジデンスの購入者にはちゃんと説明しているんですかね。
もししていないなら結構問題になりそうですけど。

とはいえ投資家の人たちは自分で住むわけではないと思うのでそこまでは気にしないのでしょうか。

外国人観光客もほとんどこの事実は知らないでしょうね。

私が日本語でググっても観光情報しか出てこなかったので。

マハナコンに行きづらくなった

マハナコンは一度行ってみようと思っていましたが、
このような事実を知るとちょっと行きづらいですね。

墓地を買収してまで建設する必要があったのか疑問ですね。

これからマハナコンに行こうと考えていた方には一応この事実を知っておいてほしいです。

バンコクのおすすめの観光地

バンコクにはマハナコンよりもおすすめの場所はいっぱいありますが最新の観光スポットを紹介しておこうと思います。

ICONSIAM

アイコンサイアムはまだオープンしたばかりの新しいショッピングモールです。
日本の高島屋も入っています。

タイの水上マーケット風の市場もあって結構楽しめると思いますよ。

アイコンサイアム

アップルストアのバルコニーから見える景色はとてもきれいです。