タイ人の離婚率が異常に高すぎる件【スピード離婚急増中】

タイでスピード離婚が急増!?

昨日タイの英語メディアでこんな記事がありました。
Advice for couples as divorce rate soars

この記事では、2016年に結婚したカップルの内なんと39%が同じ年に離婚をしたと伝えています。
もともとタイの離婚率は高いと言われていますが近年スピード離婚が急増していることに警鐘を鳴らしています。
かつてはタイ人は微笑みの国と言われ気楽な国民性だったと思うのですが、近年の高度経済成長により仕事などから精神的疲労を感じやすくなっている人が増えているのだと思います。
僕もバンコクに住んでいてわかるのですが物価がどんどん上がっているのですが、タイ人の給料は3〜4万バーツ(12万円〜16万円)ほどで経済状況が厳しくなっている人はかなり多いと思います。
タイは富裕層に有利な税制で格差も広がっています。

バンコクのタイ人カップルの結婚事情

タイ人の友人で付き合って4〜5年のカップルがいるのですが、
男性側に結婚について聞いたところ「あと3年くらいは難しいかな」と言っていました。
というのもタイでは結婚するまでに男性側が家や金を準備するのが普通らしく、
彼の場合コンドミニアムを買う資金を貯めるために普段の生活の出費を抑えて頑張って働いているということでした。
そして結婚式はタイ人はホテルなどで盛大に行うのですが、日本と違ってご祝儀がかなり少ないのでほぼ自己資金で行うようです。
バンコクのそこそこのホテルで結婚式をしようとしたら最低150万円ほどはかかるでしょう。

日本同様に少子化の道を辿る?

労働者階級のタイ人の経済状況は厳しくなっており結婚や子供を作るよりも独身でいたいという人が増えているのだと思います。
実際友達のタイ人で外資系会計会社で働いている女性がいるのですが
結婚は全く考えておらず日本に旅行にいくのが唯一の楽しみなのだとか。笑

おそらく少子化は進んでいくと思いますが、タイは人口減少にはならないと思います。
タイは陸つながりの国がいくつもあり外国人労働者が多いです。
それらの国以外でも世界中から労働者が集まっています。
税金が安く生活環境が良いことから投資家も集まってきます。
なので日本のように深刻な人口問題には発展しないと考えます。