VPN Gateの安全性について解説。実は危険?【筑波大VPN】

無料VPNのVPN Gateの安全性について

VPN Gateとは

VPN Gateは筑波大学の研究の一環で提供されている公開VPNサービスです。

中国のような政府のネット検閲を回避するためというのが一番の目的となっています。

サーバーは世界中のものから選択できて、混雑状況も確認できます。

この記事ではVPN Gateの安全性や、危険な使い方を解説しています。

通信が盗み出される危険性

VPN Gateの開発は筑波大学の研究チームによって行われていますが、
サーバー自体は誰でもボランティアで提供できるようになっています。

あなたもVPN Gateをインストールすることで簡単にサーバー提供車になることができます。

要するに悪意のあるサーバー提供者が通信を盗聴する可能性は充分にあるということです。

重要な情報のやり取りは危険

先程述べた通り通信を盗み見されている可能性は充分にあります。

そのためパスワードやクレジットカードの番号など重要な情報のやり取りは危険性が高いので避けましょう。

Webサイトの会員登録などで個人情報の入力する場合もVPN Gateのサーバーを通すのは危険です。

サーバー提供者は外国人ばかり

サーバーの提供者は日本人よりも圧倒的に外国人のほうが多いです。

利用者も外国人のユーザーの方が多いでしょう。

VPN Gateのサイトは英語版と中国語版ありますしフォーラムは外国人ばかりです。

サーバーを提供しているのは、お人よしの日本人だけではないということは頭に入れておきましょう。

個人的には無料Wi-fiよりも危険性は高いのではないかと思っています。

繋がらない・頻繁に途切れる

VPN Gateはそもそも繋がらないことがあったり、
頻繁に通信が途切れます。

これもボランティア提供のPCサーバーなので仕方ないことですね。

海外から日本の動画サービス(Abema,Huluなど)を見たいときは頻繁に途切れてイライラすると思いますw

VPN Gateに安定した通信を求めるのは無理があるので諦めましょう。

VPN Gateは確かに研究としては面白いものだと思いますが、
普段から使用するのはリスクが高いのかなと思います。

安全で高速なVPN環境を手に入れる

安全かつ高速なVPN環境が必要なら有料VPN一択だと思います。

おすすめのVPNサービスは以下の2つです。

セカイVPN

日本企業だとインターリンク社が提供するセカイVPNが最も有名です。


サーバー設置国は5カ国のみですがあなたが使いたい国のサーバーがあれば問題ないでしょう。

2ヶ月の無料体験もついているので実際に通信の安定感などを確かめてみると良いでしょう。

NordVPN

海外のVPNサービスで最もおすすめなのがNordVPNです。

NordVPNのアカウントひとつで最大6台の端末で利用できます。

iOSやAndroidなどのアプリも充実していて簡単にVPNを利用できます。

世界中に4800以上の高速サーバーが用意されておりVPNサービスとしては世界トップクラスのものになります。

2年契約など長期契約すれば月額3ドルほどで利用できてしまいます。
もちろん1ヶ月や6ヶ月のプランもあります。

ここから現在のプロモーションを確認できます。

詳しい比較記事はこちらに書いていますので参考にしてみてください。
おすすめの有料無料VPN比較【iPhone/Android/Mac/PC】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする